表紙画像

新連載

堀江敏幸「二月のつぎに七月が」


対談

松浦寿輝×大澤真幸「「近世」への三つの球」


評論

清水良典「自画像と「父」なるもの──村上春樹『騎士団長殺し』論」


追悼 林京子


創作

海猫沢めろん「キャッチャー・イン・ザ・トゥルース」

太田靖久「リバーサイド」

群像2017年5月号(4月7日発売)
定価(税込):980円:A5版

新連載

堀江敏幸「二月のつぎに七月が」

丕出子(ひでこ)さんが働く「いちば食堂」に、今日も阿見さんはあらわれる。名前が分かっても距離が縮まるわけでもない、このままならなさ──。

堀江敏幸待望の新連載「二月のつぎに七月が」

・・・続きはこちら

対談

松浦寿輝×大澤真幸「「近世」への三つの球」

『〈世界史〉の哲学 近世篇』発売を記念した特別対談! 松浦寿輝が三つのキーワード──「オランダ」「バロック」「ルソー」──を手がかりに、大澤真幸の思考のダイナミズムに迫る。対談「「近世」への三つの球」

・・・続きはこちら

評論

清水良典「自画像と「父」なるもの──村上春樹『騎士団長殺し』論」

村上春樹7年ぶりの長篇小説『騎士団長殺し』。話題の書を、村上と「父」の関係をを切り口に、清水良典が読み解く。評論「自画像と「父」なるもの──村上春樹『騎士団長殺し』論」

・・・続きはこちら

追悼 林京子

2017年2月19日、惜しまれつつ逝去した林京子。「祭りの場」をはじめ、数々の原爆文学の傑作を発表し続けた作家の文学と生き様を、生前親交のあった加賀乙彦、三木卓、陣野俊史、平野啓一郎の4人が振り返る。「追悼 林 京子」

・・・続きはこちら

創作

海猫沢めろん「キャッチャー・イン・ザ・トゥルース」

太田靖久「リバーサイド」

あれから6年──白鳥神威の前に現れた赤ん坊はいかに育ったか? 「キッズ・ファイアー・ドットコム」待望の続篇。海猫沢めろん「キャッチャー・イン・ザ・トゥルース」

「大変、ミノルが、やばい、殺しちゃった」──川沿いの町、愛憎渦巻くかつての幼なじみたちの今を描く、太田靖久の力作中篇「リバーサイド」

・・・続きはこちら

崔 実さんの『ジニのパズル』が第67回芸術選奨新人賞を受賞しました!

織田作之助賞に続いて2冠達成!

『ジニのパズル』(講談社2016年7月刊)

二つの言語の間で必死に生き抜いた少女の革命

21世紀を代表する青春文学の誕生!

川上弘美さんの『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)が、第7回Twitter文学賞(国内)第2位を受賞しました! 第44回泉鏡花文学賞に続いての受賞です。

『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)

絶望的ながら、どこかなつかしく牧歌的な未来世界。

かすかな光を希求する人間の行く末を暗示した川上弘美の「新しい神話」。

崔 実さんの『ジニのパズル』が第33回織田作之助賞を受賞しました!

『ジニのパズル』(講談社2016年7月刊)

二つの言語の間で必死に生き抜いた少女の革命

21世紀を代表する青春文学の誕生!

新着ニュース
2016.11.08【NEW】
第69回野間文芸賞は堀江敏幸さん『その姿の消し方』(新潮社)に、第38回野間文芸新人賞は戌井昭人さんの『のろい男』(文藝春秋)に決定しました。
書籍書影
暗黒グリム童話集
多和田葉子・宇野亞喜良ほか
2017年
2月28日発売
書籍書影
〈世界史〉の哲学 近世篇
大澤真幸
2017年
3月22日発売
書籍書影
再起動
岡本 学
2017年
2月19日発売
書籍書影
野良猫を尊敬した日
穂村 弘
20170124
1月24日発売