表紙画像

【短篇】川上弘美 町田 康


【中篇】松波太郎「王国の行方」 藤代 泉「姫沙羅」 湯浅真尋「導くひと」


小特集「旅」【創作】上田岳弘 倉数 茂 津村記久子 藤野可織 【アンケート】「想い出の駅」


【新連載】星野 太「食客論」 三木那由他「言葉の展望台」 竹田ダニエル「世界と私のA to Z」

【野間文芸賞・野間文芸新人賞発表】

【鼎談】吉田恭子×小野正嗣×辛島デイヴィッド 【対談】小川公代×中村佑子

群像2021年5月号(4月7日発売)
特別定価1500円:A5版

【短篇】川上弘美 町田 康

対談で訪れた出版社の担当編集者・弓田ミナトが口にした、思わぬ事実。(川上弘美「そういう時に限って冷蔵庫の中のものが」)

葦原中国を平定するため神を遣わすものの誰も帰ってこない。町田版「国譲り神話」。(町田 康「天之忍穂耳命と邇邇芸命」)

・巻頭一挙掲載
「あなたにオススメの」 本谷有希子
「推子のデフォルト」……〈等質〉になれない子を抱えたママ友の悩みは、推子にとって最高のコンテンツだった。
「マイイベント」……巨大台風が近づきつつある川沿いのマンションで、渇幸はわくわくを抑えきれない。
・読み切り
「こんにちは赤ちゃん」 小林エリカ
・・・続きはこちら

【中篇】松波太郎「王国の行方」 藤代 泉「姫沙羅」 湯浅真尋「導くひと」

言葉をきちんと覚えなくちゃいけないなんて誰が決めたんだろう。「命の成長」をユニークに描く意欲作。(松波太郎「王国の行方――二代目の手腕」)

かつて馬が見つめていた場所に、父は姫沙羅の木を植えた。不器用にしか生きられない私たちの静謐な物語。(藤代 泉「姫沙羅」)

「一ノ瀬さんがいなくなりました」。彼はなぜ消えたのか、魂の遍歴。群像新人文学賞受賞後第一作。(湯浅真尋「導くひと」)

・短期集中連作
「ケアの倫理とエンパワメント オスカー・ワイルドの越境するケア――三島由紀夫、多和田葉子の全人類的視点」 小川公代
・連載完結
「ショットとは何か」 蓮實重彦
・読み切り
「人間―でないもの」 樫村晴香
・・・続きはこちら

小特集「旅」【創作】上田岳弘 倉数 茂 津村記久子 藤野可織 【アンケート】「想い出の駅」

まるで自分の人生じゃないみたいだ。隣で運転する男はアクセルを踏み込む。(上田岳弘「旅のない」) お父さん、この中にいるの。中に入っちゃったの――。(倉数 茂「父の箱」) キヨはゲームの中の地図から架空の都市を作り、レポート用紙に書き込んでは授業中にアサに見せていた。(津村記久子「イン・ザ・シティ」) 事件が起きなかったら知ることもなかった少女の死。わたしは花束を持って現場へ向かう。(藤野可織「花束」)

起点、終点、通過点。51人の駅の記憶。(アンケート「想い出の駅」)

2020年のジョン・レノン
「1962年のハンバーガー」 片岡義男
「星の歌」 高橋久美子
「アミラル」 向井康介
・・・続きはこちら

【新連載】星野 太「食客論」 三木那由他「言葉の展望台」 竹田ダニエル「世界と私のA to Z」

【野間文芸賞・野間文芸新人賞発表】

友でも敵でもない曖昧な他者=パラサイトの原理を追究する。ロラン・バルトの問いを継ぐパラサイトロジーの試み。(星野 太「食客論」)

コミュニケーションは謎に満ちている。言語で日常を捉え直すと、新しい風景が見えてくる。(三木那由他「言葉の展望台」)

我々は地続きの今を生きている。アメリカ在住のZ世代が綴る時事エッセイ。(竹田ダニエル「世界と私のA to Z」)

・・・続きはこちら

【鼎談】吉田恭子×小野正嗣×辛島デイヴィッド 【対談】小川公代×中村佑子

大学の文芸創作科、変わる文芸誌、エージェントの役割……。英米でのデビューの背景はどうなっているのか。(吉田恭子×小野正嗣×辛島デイヴィッド「英語圏で「作家になる」こと」)

「母」に新たな意味を見出し、不可視化されている社会を攪乱する。「ケア」の倫理を探る対話。(小川公代×中村佑子「不可視化されている私たちの言葉の居場所」)

【論点】
「その警官、友人につき」 阿部大樹
「私たちは行列する——2020年アメリカ大統領選挙を見つめて」 シェリーめぐみ
「本当なのは一瞬だった」 ジョン・フリーマン 小澤身和子訳
「日本の「自粛警察」とファシズム——ドイツとの比較から考える」 田野大輔
「コミュニケーション的暴力としての、意味の占有」 三木那由他
・・・続きはこちら

上田岳弘さんのニムロッド(「群像」2018年12月号掲載)が、第160回芥川賞を受賞!

ニムロッド (講談社2019年1月刊)

それでも君はまだ、人間でい続けることができるのか。 

あらゆるものが情報化する不穏な社会をどう生きるか。 

新時代の仮想通貨小説。

多和田葉子さんの『献灯使』が全米図書賞(翻訳文学部門)を受賞しました!

『献灯使』(講談社2014年10月刊)

震災後の「いつかの日本」、そこにまだ希望は残っているか。

未曾有の近未来小説集。

乗代雄介さんの『本物の読書家』が第40回野間文芸新人賞を受賞しました!

『本物の読書家』(講談社2017年11月刊)

書物への耽溺、言葉の探求、読むことへの畏怖。

群像新人文学賞受賞作『十七八より』でデビューを遂げた新鋭の傑作中篇!

新着ニュース

No documents found.

書籍書影
川っぺりムコリッタ
荻上直子
2019年
6月27日発売
書籍書影
おじいわんソーヤ
東雲鈴音
2019年
5月17日発売
書籍書影
皇后雅子
石井 勤
2019年
4月26日発売
書籍書影
文学2019
日本文藝家協会・編
2019年
4月25日発売