めくるめく奇想ワールド!

本谷有希子「13の“アウトサイド”短篇集」

昨年、野間文芸新人賞を受賞したばかりの本谷有希子が短篇集に挑戦! 想像力がはじけ飛ぶ、哀しくて可笑しくて愛しい13篇をお楽しみ下さい。


新しい小説たちの姿を目撃せよ

舞城王太郎「短篇五芒星」

舞城王太郎ファンの皆様、お待たせしました! 異なる位相で描かれた五つの作品の拮抗。新しい小説世界を照射する非・連作短篇です。


新たな愚哲を描く新連載

李恢成「地上生活者 第五部」

「地上生活者 第四部」の完結から1年、李恢成の“大きな物語”が再び動き出す。順調だった作家生活に変化が起った。文壇の大家との対談でぼく愚哲は打ちのめされる――


祝・芥川賞!

受賞記念インタビュー 円城 塔

選考会を紛糾させた問題作「道化師の蝶」の新しい試みとは? 新芥川賞作家の足跡を辿りながら、沼野充義円城 塔の創作の核心に迫るインタビューです。


阿部和重「クエーサーと13番目の柱」

谷崎由依「見おぼえのない女」

阿部和重の短期集中連載第2回は緊迫の100枚!

谷崎由依が描く、夾竹桃の家に住む妖しき女と男の逢瀬――


〈「短篇集」特集〉

13の“アウトサイド”短篇集  本谷有希子

アウトサイド/私は名前で呼んでる/パプリカ次郎/人間袋とじ/哀しみのウェイトトレーニー/亡霊病/Q&A/彼女たち/バイビーおじさん/いかにして私がピクニックシートを見るたび、くすりとしてしまうようになったか/裏の林には悪の組織と弟たち五人の墓標/ダウンズ&アップス/IQ

短篇五芒星  舞城王太郎

美しい馬の地/アユの嫁/四点リレー/バーベル・ザ・バーバリアン/あうだうだう 

〈新連載〉

地上生活者 第五部 邂逅と思索  李 恢成

〈芥川賞受賞記念インタビュー〉

問いに満ちた「道化師の蝶」の新しい試み  円城 塔 聞き手・沼野充義 

〈短期集中連載〉

クエーサーと13番目の柱〔2〕  阿部和重

〈創作〉

見おぼえのない女  谷崎由依

ピンク色の三角  エレン・クレイジャズ 岸本佐知子・訳

 

〈連載小説〉

昼田とハッコウ 最終回  山崎ナオコーラ

晩年様式集(イン・レイト・スタイル)〔3〕  大江健三郎

夜は終わらない〔7〕  星野智幸

燃える家〔17〕  田中慎弥

日本文学盛衰史 戦後文学篇〔21〕  高橋源一郎

未明の闘争〔29〕  保坂和志

〈連載評論〉

フランス文学と愛〔2〕  野崎 歓

〈世界史〉の哲学〔36〕  大澤真幸

〈連載〉

現代短歌ノート〔24〕  穂村 弘

「生」の日ばかり〔36〕  秋山 駿

映画時評〔39〕  蓮實重彦

〈随筆〉

紙の子  古井由吉

センスを訳す  河合祥一郎

髪の毛だけ悩みが……  楊逸

遺品整理  紅野謙介

〈私のベスト3〉

腹巻き、首巻き、レッグウォーマー  赤瀬川原平

手放せない三代発明  速水健朗

「男はつらいよ 寅夢枕」の渥美清  滝口悠生

〈書評〉

子供たちの死霊の岩屋で(『彼方の子』角田光代)  安藤礼二

抽象と具象の融合が生み出す奇妙なリアリティー(『短くて恐ろしいフィルの時代』ジョージ・ソーンダーズ 岸本佐知子・訳)  大竹昭子

地球が大きかった頃の夢(『巴里茫々』北 杜夫)  坪内祐三

風呂敷包みの中身(『流燈記』三浦哲郎)  齋藤礎英

〈創作合評〉

中条省平+苅部 直+青山七恵

「仮り住まい」丹下健太(文藝2012年春号)

「冥土めぐり」鹿島田真希(文藝2012年春号)

「松ノ枝の記」円城 塔(群像2012年2月号)