第69回読売文学賞(随筆・紀行賞)受賞!

保苅瑞穂さんの『モンテーニュの書斎 「エセー」を読む』が第69回読売文学賞(随筆・紀行賞)を受賞しました!

『モンテーニュの書斎 「エセー」を読む(講談社2017年6月刊)

「私とは何か」から「人間とは何か」へ

モンテーニュの名著『エセー』の本質と魅力を、

みずみずしい名文で綴る、最良の手引き書


 

保苅瑞穂(ほかり・みずほ)

1937年、東京都生れ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学名誉教授、獨協大学名誉教授。専門はフランス文学。主な著書に『プルースト・印象と隠喩』『プルースト・夢の方法』『モンテーニュ よく生き、よく死ぬために』『ヴォルテールの世紀 精神の自由への軌跡』などがある。


第59回熊日文学賞受賞!

海猫沢めろんさんの『キッズファイヤー・ドットコム』が第59回熊日文学賞を受賞しました!

『キッズファイヤー・ドットコム』(講談社2017年7月刊)

カリスマホストがITで炎上子育て

日本に革命を起こす新時代のイクメン小説!


 

海猫沢めろん(うみねこざわ・めろん)

1975年大阪府生まれ、兵庫県姫路市育ち。

2004年「左巻キ式ラストリゾート」でデビュー。

著書に『零式』『全滅脳フューチャー!!!』『愛についての感じ』『ニコニコ時給800円』『明日、機械がヒトになる ルポ最新科学』『夏の方舟』などがある。


第39回野間文芸新人賞受賞!

高橋弘希さんの『日曜日の人々(サンデー・ピープル)』が第39回野間文芸新人賞を受賞しました!

『日曜日の人々(サンデー・ピープル)』(講談社2017年8月刊)

他者(ひと)に何かを伝えることが救いになるんじゃないかな。

死に惹かれる心に静かに寄り添う、傑作青春小説!


 

高橋弘希(たかはし・ひろき)

1979年青森県生まれ。2014年「指の骨」で第46回新潮新人賞受賞。

著書に『指の骨』『朝顔の日』『スイミングスクール』がある。