表紙画像

創刊75周年記念号②【短篇】筒井康隆「コロナ追分」


【新連作】柴崎友香「帰れない探偵」【中篇】舞城王太郎 須賀ケイ


【短篇饗宴】上田岳弘 片岡義男 川上弘美 皆川博子


【批評】梶谷 懐 片岡大右 平石貴樹 森山 恵

【野間文芸賞・野間文芸新人賞発表】

【インタビュー】吉田修一 【シンポジウム】京都文学レジデンシー

群像2021年11月号(10月7日発売)
特別定価1450円:A5版

創刊75周年記念号②【短篇】筒井康隆「コロナ追分」

3ヵ月連続でお届けしている「創刊75周年記念号」第2弾です。

第2弾の巻頭は、筒井康隆さんの短篇「コロナ追分」です。お前はどっちへお行きやる、ここはコロナの別れ道。生真面目を反骨精神で笑い飛ばす不謹慎文学!

・巻頭一挙掲載
「あなたにオススメの」 本谷有希子
「推子のデフォルト」……〈等質〉になれない子を抱えたママ友の悩みは、推子にとって最高のコンテンツだった。
「マイイベント」……巨大台風が近づきつつある川沿いのマンションで、渇幸はわくわくを抑えきれない。
・読み切り
「こんにちは赤ちゃん」 小林エリカ
・・・続きはこちら

【新連作】柴崎友香「帰れない探偵」【中篇】舞城王太郎 須賀ケイ

柴崎友香さんの新連作小説がスタート! 「帰れない探偵」が通しタイトルで、3ヵ月おきの掲載予定です。

今年でデビュー20周年を迎えた舞城王太郎さんの中篇「ドアドアドアド」は、舞城ワールドの新境地。タイトル扉の文字や中の図は舞城さん直筆です。

須賀ケイさんの中篇「木の匙」は、「食」を通して人間を見つめる問題作です。

・短期集中連作
「ケアの倫理とエンパワメント オスカー・ワイルドの越境するケア――三島由紀夫、多和田葉子の全人類的視点」 小川公代
・連載完結
「ショットとは何か」 蓮實重彦
・読み切り
「人間―でないもの」 樫村晴香
・・・続きはこちら

【短篇饗宴】上田岳弘 片岡義男 川上弘美 皆川博子

影響力を有する者だけが人間に戻れる。ロボット未満の人間さん、君はどうかな?(上田岳弘「Automata」

啓子が初めて訪れたバーには、姫百合が活けられ、カウンターの中にひとりの女性が座っていた。(片岡義男「花街のまんなか」

「住所録だったんだよね」。十年ぶりに会ったマーヤは、前置きなしに語り始めた。(川上弘美「二番めに大切なものを賭ける」

時間は死なない。死んだのはわたし。《わたし》は時間で形成されている。わたしはサンルームの籐椅子に凭れている。(皆川博子針」

2020年のジョン・レノン
「1962年のハンバーガー」 片岡義男
「星の歌」 高橋久美子
「アミラル」 向井康介
・・・続きはこちら

【批評】梶谷 懐 片岡大右 平石貴樹 森山 恵

【野間文芸賞・野間文芸新人賞発表】

権威主義的国家の台頭は、民主主義の敗北をもたらすのか? 対話への試み。(梶谷 懐「政治制度と「文化」――新型コロナウィルスへの対応をめぐって」

『鬼滅の刃』をケア、マザリング、エンパシーを通して見つめるとき、人間本性の核心が浮かび上がる。(片岡大右「『鬼滅の刃』とエンパシーの帝国」

ヨクナパトーファ・サーガ第一作を書きながら、若きフォークナーは何を発見したのか。(平石貴樹「愛することは学ぶことだから――『土にまみれた旗』を読む」

90年前に誕生したウルフの傑作『波』が纏う水のイメージ、詩性とは。新訳版の訳者による詩的論考。(森山 恵「水のことば、詩のことば――ヴァージニア・ウルフ『波』を翻訳して」

・・・続きはこちら

【インタビュー】吉田修一 【シンポジウム】京都文学レジデンシー

作品集『オリンピックにふれる』を刊行した吉田修一さんのインタビュー「不定形な時代を描く」。過去を振り返ることで見えてくる「いま」の姿。聞き手は陣野俊史さんです。

藤野可織さん、谷崎由依さん、カルドネル佐枝さん、吉田恭子さん、澤西祐典さん(司会)で行われたシンポジウムの模様を掲載。「京都レジデンシー」の意義とヴィジョンとは。構成は江南亜美子さんです。

【論点】
「その警官、友人につき」 阿部大樹
「私たちは行列する——2020年アメリカ大統領選挙を見つめて」 シェリーめぐみ
「本当なのは一瞬だった」 ジョン・フリーマン 小澤身和子訳
「日本の「自粛警察」とファシズム——ドイツとの比較から考える」 田野大輔
「コミュニケーション的暴力としての、意味の占有」 三木那由他
・・・続きはこちら

石沢麻依さんの「貝に続く場所にて(「群像」2021年6月号掲載)が、第165回芥川賞を受賞!

『貝に続く場所にて』 (講談社2021年7月刊)

コロナ禍が影を落とす異国の街に、9年前の光景が重なり合う。静謐な祈りをこめて描く鎮魂の物語。 
ドイツの学術都市に暮らす私の元に、震災で行方不明になったはずの友人が現れる。人を隔てる距離と時間を言葉で埋めてゆく、現実と記憶の肖像画。

乗代雄介さんの『旅する練習』が第34回三島由紀夫賞を受賞しました!

『旅する練習』(講談社2021年1月刊)

中学入学を前にしたサッカー少女と、小説家の叔父。
2020年、コロナ禍で予定がなくなった春休み、
ふたりは利根川沿いに、徒歩で千葉の我孫子から鹿島アントラーズの本拠地を目指す旅に出る。
ロード・ノベルの傑作!

松浦寿輝さんの『人外』が第72回野間文芸賞を受賞しました!

『人外』(講談社2019年3月刊)

神か、けだものか。アラカシの枝の股から滲みだし、四足獣のかたちをとった「それ」は、予知と記憶のあいだで引き裂かれながら、荒廃した世界の風景を横切ってゆく。死体を満載した列車、空虚な哄笑があふれるカジノ、書き割りのような街、ひとけのない病院、廃墟化した遊園地。ゆくてに待ち受けるのは、いったい何か?世界のへりをめぐるよるべない魂の旅を描く傑作小説。

新着ニュース

No documents found.

書籍書影
レンマ学
中沢新一
2019年
8月8日発売
書籍書影
窓の外を見てください
片岡義男
2019年
7月24日発売
書籍書影
掃除婦のための手引き書
ルシア・ベルリン 岸本佐知子・訳
2019年
7月10日発売
書籍書影
川っぺりムコリッタ
荻上直子
2019年
6月27日発売