表紙画像

中篇180枚

乗代雄介「未熟な同感者」


中篇110枚

栗田有起「毛婚」


特別対談

町田 康×都甲幸治「善悪を超えた世界と、文学の存在する意味」


リレーエッセイ「私と大江健三郎」

高橋源一郎「オオエ」


連載完結

瀬戸内寂聴「いのち」

群像2017年7月号(6月7日発売)
定価(税込):980円:A5版

中篇180枚

乗代雄介「未熟な同感者」

先生のゼミに入ったのはことの成り行きとしか言いようがない。私はそこで美少女・間村季那と知り合う──。フローベール、宮沢賢治、サリンジャーらを巡る文学講義に錯綜する季那との関係、そして先生にまつわる妙な噂──。ペダンティックな魅力あふれる群像新人文学賞受賞の新鋭が送る意欲作。中篇180枚・乗代雄介「未熟な同感者」

・・・続きはこちら

中篇110枚

栗田有起「毛婚」

禿げているはずの夫の髪がふさふさになっている──。日頃から自らの禿げを誇りにしていた夫の増毛疑惑。自然に生えてきたと夫は言い張るのだが……。妊娠中の志穂が向き合うことになった夫婦の危機の行方は? 栗田有起の中篇110枚「毛婚」

・・・続きはこちら

特別対談

町田 康×都甲幸治「善悪を超えた世界と、文学の存在する意味」

群像連載から生まれた町田康の傑作大長編『ホサナ』。「ホサナ」という言葉、犬と人の関係、そして、バーベキュー。三つの手がかりを軸に、町田文学の新たな地平を浮き彫りにする。町田康×都甲幸治の特別対談「善悪を超えた世界と、文学の存在する意味」

・・・続きはこちら

リレーエッセイ「私と大江健三郎」

高橋源一郎「オオエ」

現代文学の最前線を走り続けてきたノーベル賞作家の全集決定版「大江健三郎全小説」(全15巻)が2018年7月刊行スタート! この巨人の文学を、作家たちはどのように受け止めてきたのか? リレーエッセイで綴る「私と大江健三郎」。第1回は高橋源一郎「オオエ」

・・・続きはこちら

連載完結

瀬戸内寂聴「いのち」

ガンの手術から復帰した著者が、大庭みな子、河野多惠子ら親交のあった作家たちの記憶とともに、70年の作家人生を振り返る。瀬戸内寂聴「いのち」ついに完結!

・・・続きはこちら

崔 実さんの『ジニのパズル』が第67回芸術選奨新人賞を受賞しました!

織田作之助賞に続いて2冠達成!

『ジニのパズル』(講談社2016年7月刊)

二つの言語の間で必死に生き抜いた少女の革命

21世紀を代表する青春文学の誕生!

川上弘美さんの『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)が、第7回Twitter文学賞(国内)第2位を受賞しました! 第44回泉鏡花文学賞に続いての受賞です。

『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)

絶望的ながら、どこかなつかしく牧歌的な未来世界。

かすかな光を希求する人間の行く末を暗示した川上弘美の「新しい神話」。

崔 実さんの『ジニのパズル』が第33回織田作之助賞を受賞しました!

『ジニのパズル』(講談社2016年7月刊)

二つの言語の間で必死に生き抜いた少女の革命

21世紀を代表する青春文学の誕生!

新着ニュース
2016.11.08【NEW】
第69回野間文芸賞は堀江敏幸さん『その姿の消し方』(新潮社)に、第38回野間文芸新人賞は戌井昭人さんの『のろい男』(文藝春秋)に決定しました。
書籍書影
ホサナ
町田 康
2017年
5月25日発売
書籍書影
暗黒グリム童話集
多和田葉子・宇野亞喜良ほか
2017年
2月28日発売
書籍書影
〈世界史〉の哲学 近世篇
大澤真幸
2017年
3月22日発売
書籍書影
再起動
岡本 学
2017年
2月19日発売