表紙画像

新連作

古井由吉「たなごころ」


短篇

西村賢太「青痰麵」


中篇150枚

水原 涼「クイーンズ・ロード・フィールド」


新連載評論

中条省平「人間とは何か──フランス文学による感情教育──」


新連続対談

いとうせいこう「今夜、笑いの数を数えましょう」

群像2017年8月号(7月7日発売)
定価(税込):980円:A5版

新連作

古井由吉「たなごころ」

春の寒気に雑念は斜に跳ぶ。未ダ生ヲ知ラズ、焉ンゾ死ヲ知ラン。そこには「死んで在る」ということの、不可思議さが含まれているのではないか──。待望の古井由吉の新連作がスタート! 第1回は「たなごころ」

・・・続きはこちら

短篇

西村賢太「青痰麵」

飯を食っている最中に何か不快な事態が出来すると、その途端に箸を止め、そのまま立ち上がるか、皿の上のものを破壊する挙に出てしまう。これが北町貫多の持って生まれた情けない癖。そう、「あの店」でもそうだった──。貫多と店主の二十数年にも及ぶ蟠りは、ある深夜、不穏な最高潮を迎えることに……。西村賢太の短篇「青痰麵」

・・・続きはこちら

中篇150枚

水原 涼「クイーンズ・ロード・フィールド」

カルドニアンFCのユースチームにいたロベルト、足の不自由な妹・ジャスミンを抱えたモリー、バンド仲間のアシュリーと、そしてぼく・クレイグ。十三歳で出会ってから二十六年間、ぼくたち四人はいつも一緒だった。そして三十九歳になったぼくらは、再びクイーンズ・ロード・フィールドへ向かった──。大人になってしまった四人の、美しく、そして苦い青春の残像。水原涼の中篇150枚「クイーンズ・ロード・フィールド」

・・・続きはこちら

新連載評論

中条省平「人間とは何か──フランス文学による感情教育──」

すべてはフランス文学が教えてくれた──。一個人の文学遍歴に関する極私的メモワールから、偏愛的かつ連続的作家論へ。フランス文学史の素描を重ねつつ、近代の人間精神の多様な運動の軌跡を描く新たな試み! 第1回は、中条少年の心をわしづかみにしてしまったマルキ・ド・サドの「悪」について。中条省平の新連載評論「人間とは何か──フランス文学による感情教育──」

・・・続きはこちら

新連続対談

いとうせいこう「今夜、笑いの数を数えましょう」

いとうせいこうの新連載対談シリーズ「今夜、笑いの数を数えましょう」。笑いとは何か? をテーマに、毎回各界で活躍するゲストを招き、トークバトルを繰り広げる。第1回のゲストは放送作家の倉本美津留。お互いの笑いの体験遍歴を軸に、新たな「笑いの定義」の策定に挑む!

・・・続きはこちら

崔 実さんの『ジニのパズル』が第67回芸術選奨新人賞を受賞しました!

織田作之助賞に続いて2冠達成!

『ジニのパズル』(講談社2016年7月刊)

二つの言語の間で必死に生き抜いた少女の革命

21世紀を代表する青春文学の誕生!

川上弘美さんの『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)が、第7回Twitter文学賞(国内)第2位を受賞しました! 第44回泉鏡花文学賞に続いての受賞です。

『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)

絶望的ながら、どこかなつかしく牧歌的な未来世界。

かすかな光を希求する人間の行く末を暗示した川上弘美の「新しい神話」。

崔 実さんの『ジニのパズル』が第33回織田作之助賞を受賞しました!

『ジニのパズル』(講談社2016年7月刊)

二つの言語の間で必死に生き抜いた少女の革命

21世紀を代表する青春文学の誕生!

新着ニュース
2016.11.08【NEW】
第69回野間文芸賞は堀江敏幸さん『その姿の消し方』(新潮社)に、第38回野間文芸新人賞は戌井昭人さんの『のろい男』(文藝春秋)に決定しました。
書籍書影
モンテーニュの書斎 『エセー』を読む
保苅瑞穂
2017年
6月29日発売
書籍書影
もう生まれたくない
長嶋 有
2017年
6月28日発売
書籍書影
ホサナ
町田 康
2017年
5月25日発売
書籍書影
暗黒グリム童話集
多和田葉子・宇野亞喜良ほか
2017年
2月28日発売