表紙画像

歳時創作シリーズ 伍 季・憶 Ki-Oku

西村賢太「乃東枯」 重松 清「鷹乃学習」 町田 康「大雨時行」


特別対談

穂村 弘×川上未映子「名前のない世界への扉を探して」


ロングインタビュー

多和田葉子「もしも言葉が一枚の巨大な網ならば」

聞き手 小澤英実


短篇 佐藤洋二郎「光」


評論 宇野邦一

群像2018年7月号(6月7日発売)
定価(税込):980円:A5版

歳時創作シリーズ 伍 季・憶 Ki-Oku

西村賢太「乃東枯」 重松 清「鷹乃学習」 町田 康「大雨時行」

夜は短く、やがて梅雨明けへ。暑気まとわりつき、遙か高く雲立ちのぼる。作家の想像力で繫ぐひととせ――二十四節気七十二候――の季節の記憶。一年をとおした読み切り掌篇大特集。歳時創作シリーズ「季・憶 Ki-Oku」。第5弾は西村賢太「乃東枯(なつかれくさかるる)」、 重松 清「鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす)」、 町田 康「大雨時行(たいうときどきふる)」

・・・続きはこちら

特別対談

穂村 弘×川上未映子「名前のない世界への扉を探して」

十七年ぶりの新歌集『水中翼船炎上中』を刊行した穂村氏と『ウィステリアと三人の女たち』が話題の川上氏。表現者として互いを敬する二人が、創作の核心に迫る。穂村 弘×川上未映子の特別対談「名前のない世界への扉を探して」  

・・・続きはこちら

ロングインタビュー

多和田葉子「もしも言葉が一枚の巨大な網ならば」

聞き手 小澤英実

言葉の衝突が生む危機感に身を置くとき、新たな発想が生まれる。本誌連載の新刊『地球にちりばめられて』をめぐり、言語の多様性を探究する。多和田葉子のロングインタビュー「もしも言葉が一枚の巨大な網ならば」(聞き手 小澤英実)

・・・続きはこちら

短篇 佐藤洋二郎「光」

二年前に亡くなった犬の最期を思い出していた。その追憶のさなか、妻から連絡が入った。「笹田さんがお亡くなりになりました。ご自分で」。佐藤洋二郎の短篇小説「光」

・・・続きはこちら

評論 宇野邦一

死後三十四年を経てようやく出版されたフーコー「性の歴史」最終巻『肉の告白』。思想家は最後に何を書き残したのか。アクチュアルな思考の可能性を探る。宇野邦一の評論「『肉の告白』からアナルケオロジーへ フーコーの最後の思想(前篇)」 

・・・続きはこちら

大きな話題を呼んだ群像創刊70周年記念号「群像短篇名作選」が文芸文庫になりました。

1946年10月号を創刊号とし、2016年10月号で創刊70年を迎えた文芸誌「群像」。
創刊70周年記念に永久保存版と銘打って発売された号には戦後を代表する短篇として54作品が収録され大きな話題を呼び、即完売となりました。このたびそれを文庫三分冊とし、さらに多くの読者にお届けいたします。

第1弾「1946〜1969」は敗戦直後から60年安保、高度成長期にいたる時期の18篇を収録。

第2弾「1970〜1999」は経済の繁栄、社会構造の激変と「戦後文学」の変容を示す18篇を収収録。

第3弾「2000〜2014」は「平成」改元から10年、そして21世紀に入ってからの日本文学の諸相を示す18篇を収録。

 

保苅瑞穂さんの『モンテーニュの書斎 「エセー」を読む』が第69回読売文学賞(随筆・紀行賞)を受賞しました!

『モンテーニュの書斎 「エセー」を読む(講談社2017年6月刊)

「私とは何か」から「人間とは何か」へ

モンテーニュの名著『エセー』の本質と魅力を、

みずみずしい名文で綴る、最良の手引き書

海猫沢めろんさんの『キッズファイヤー・ドットコム』が第59回熊日文学賞を受賞しました!

『キッズファイヤー・ドットコム』(講談社2017年7月刊)

カリスマホストがITで炎上子育て

日本に革命を起こす新時代のイクメン小説!

新着ニュース
2018.05.15【NEW】
第61回群像新人文学賞を受賞した北条裕子さんの「美しい顔」(群像6月号)が第159回芥川龍之介賞の候補となりました。
書籍書影
地球にちりばめられて
多和田葉子
2018年
4月26日発売
書籍書影
独り舞
李 琴峰
2018年
3月29日発売
書籍書影
伴走者
浅生 鴨
2018年
3月1日発売
書籍書影
雪子さんの足音
木村紅美
2018年
2月1日発売