表紙画像

中篇200枚

高橋弘希「日曜日の人々(サンデー・ピープル)」


第60回群像新人文学賞発表

優秀作 「天袋」上原智美

優秀作 「独舞」李 琴峰


新連載第2回

堀江敏幸「二月のつぎに七月が」


多和田葉子、橋本 治、佐々木 敦


群像2017年6月号(5月6日発売)
定価(税込):980円:A5版

中篇200枚

高橋弘希「日曜日の人々(サンデー・ピープル)」

亡くなった従姉から届けられた紙の束。意味不明の文面から浮かびあがるのは、彼女が生前出入りしていたサークル──REMの存在だった。抑えきれない衝動を抱える若者たちの傷を描く、渾身の意欲作! 高橋弘希「日曜日の人々(サンデー・ピープル)」

・・・続きはこちら

第60回群像新人文学賞発表

優秀作 「天袋」上原智美

優秀作 「独舞」李 琴峰

第60回群像新人文学賞が決定しました。

優秀作 「天袋」上原智美

〈あの人〉に棄てられ、行き所を失い、かつて学生時代にすんでいたアパートの一室に忍び込んだ主人公。その部屋の天袋に潜んで暮らし始め、住人亜美に知られることなく寄生した奇妙な3ヵ月。

優秀作 「独舞」李 琴峰

台湾で育ち、日本の企業で働く趙迎梅。彼女はレズビアンであることを隠して暮らしていた。友人の死、レイプ、恋人からの非情な仕打ち──。二つの言語のあいだをさまよう、性的マイノリティの壮絶な半生。

・・・続きはこちら

新連載第2回

堀江敏幸「二月のつぎに七月が」

堀江敏幸の新連載「二月のつぎに七月が」は第2回。「いちば食堂」の常連、阿見さんの父親は従軍中に亡くなった。父が遺した八冊の文庫本。それをコートのポケットに忍ばせ、阿見さんはいつも持ち歩いていた……。

・・・続きはこちら

多和田葉子、橋本 治、佐々木 敦

多和田葉子「地球にちりばめられて」は第7回。HIrukoたちがいるオスローに向かうはずのクヌートだったが、母親もオスローに行くと言い出して……。橋本治「九十九歳になった私」は第9回。いつのまにか九十九歳になってしまった私。退屈な日々は変わらないようで……。佐々木敦「新・私小説論」はいよいよ佳境の第15回。前回から引き続き、柴崎友香と山下澄人を論じます。

・・・続きはこちら

 

・・・続きはこちら

崔 実さんの『ジニのパズル』が第67回芸術選奨新人賞を受賞しました!

織田作之助賞に続いて2冠達成!

『ジニのパズル』(講談社2016年7月刊)

二つの言語の間で必死に生き抜いた少女の革命

21世紀を代表する青春文学の誕生!

川上弘美さんの『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)が、第7回Twitter文学賞(国内)第2位を受賞しました! 第44回泉鏡花文学賞に続いての受賞です。

『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)

絶望的ながら、どこかなつかしく牧歌的な未来世界。

かすかな光を希求する人間の行く末を暗示した川上弘美の「新しい神話」。

崔 実さんの『ジニのパズル』が第33回織田作之助賞を受賞しました!

『ジニのパズル』(講談社2016年7月刊)

二つの言語の間で必死に生き抜いた少女の革命

21世紀を代表する青春文学の誕生!

新着ニュース
2016.11.08【NEW】
第69回野間文芸賞は堀江敏幸さん『その姿の消し方』(新潮社)に、第38回野間文芸新人賞は戌井昭人さんの『のろい男』(文藝春秋)に決定しました。
書籍書影
暗黒グリム童話集
多和田葉子・宇野亞喜良ほか
2017年
2月28日発売
書籍書影
〈世界史〉の哲学 近世篇
大澤真幸
2017年
3月22日発売
書籍書影
再起動
岡本 学
2017年
2月19日発売
書籍書影
野良猫を尊敬した日
穂村 弘
20170124
1月24日発売