表紙画像

女の友情見せてやる! 中篇180枚

綿矢りさ「ウォーク・イン・クローゼット」


特殊な“顔”を持つ女性を描く短篇

小池昌代「板の顔」


連作 島本理生「雪ト逃ゲル」(前篇)、川上弘美、片岡義男


デビュー小説論 第7回

清水良典「川上弘美『神様』」


『冥途あり』をめぐる対談

吉増剛造×長野まゆみ

群像(7月7日発売)
定価(税別):907円:A5版

女の友情見せてやる! 中篇180枚

綿矢りさ「ウォーク・イン・クローゼット」

28歳彼氏なしのOL早希は、男に合わせて服装を変え、デートを繰り返す毎日。でも出会うのは、既婚者だったり遊び慣れた男だったり、結果は散々。そんな中、幼なじみで人気モデルのだりあから、衝撃的な告白を受けて……!? 「ウォーク・イン・クローゼット」綿矢りさによるポップで毒っ気あふれる、女子の友情物語です。

・・・続きはこちら

特殊な“顔”を持つ女性を描く短篇

小池昌代「板の顔」

平凡な風貌の母親と、異様なまでに美しい父親から生まれた少女の顔は、獣のように毛深かった――。東京のホテルで清掃員として働く明敏な女性の数奇な人生とは。小池昌代「板の顔」、必読です。

・・・続きはこちら

連作 島本理生「雪ト逃ゲル」(前篇)、川上弘美、片岡義男

稼ぎの少ない夫と幼い息子を筆一本で支える「私」は、不倫相手を傷つけずにはいられない。だって、彼は私の代わりに傷ついてくれるから――。島本理生の神とキリスト教をめぐる連作、第三回は「雪ト逃ゲル」です。

僕とカイラは二人とも、「走査」をする人なんだ。自分と同じ能力を持つ新入りのカイラに特別な感情を抱いた僕だったが、一緒に暮らし始めたころから、その気持がゆっくり変わっていって……。川上弘美の連作「愛」、それはあまりにも美しく、恐ろしい。

作家の片岡義男は、一回り年下の仲井文武と、この20年で4回食事を共にしている。かつて編集者だった仲井をモデルにして、片岡は小説を書いたことがあった――。「ユー・アンド・ミー・ソング」片岡義男が小説という不可思議な世界を切り拓いた実験的連作が、遂に完結です!

・・・続きはこちら

デビュー小説論 第7回

清水良典「川上弘美『神様』」

筒井康隆をして「まさか大作家、老大家の手すさびではあるまいか」との疑念まで抱かせた短篇「神様」で、第一回「パスカル短篇文学新人賞」を受賞しデビュ-した川上弘美。実は学生時代、「小川項」や「山田弘美」名義でSF短篇を発表していた――!? 清水良典のデビュー小説論、第7回は「くまと「わたし」の分際――川上弘美『神様』」です。

・・・続きはこちら

『冥途あり』をめぐる対談

吉増剛造×長野まゆみ

広島に原爆が落ちた日、命は助かったものの、父は爆風でたくさんの小さなガラス片を背中に埋めこまれた――。“大年増”の娘が、父の死を見つめながら一族の記憶を呼び戻す「冥途あり」と、幼いころ通った湯屋の思い出を振り返る「まるせい湯」。2作を収録した長野まゆみの新刊『冥途あり』をめぐって、著者と詩人の吉増剛造が対談しました。層のような、光のような、驚異的な言語、とその文体を褒め称える吉増剛造が作中に見出したものとは? 対談「奇跡的な言葉のしぐさ――『冥途あり』をめぐって」、新刊とともにお楽しみください。

・・・続きはこちら

星野智幸さん『夜は終わらない』(講談社2014年5月刊)、第66回読売文学賞(読売新聞社主催)受賞!

  

 『夜は終わらない』(講談社2014年5月刊)

 

婚約者が自殺したとの一報に取り乱すふりをする玲緒奈。彼女には次に殺さなくてはならない「別の婚約者」がいた――。セックスや結婚を餌に次々男を惑わし、財産を巻き上げ、証拠を残さず葬り去る。彼女は男をあの世に送る前に言う。
「生きてる意味があることを証明しないと。ね? 私が夢中になれるようなお話をしてよ」
物語のなかにさまざまな短篇が入りくみ、海へと流れる大河として眺望できる大傑作。

小野正嗣さん「九年前の祈り」(「群像」2014年9月号)、第152回芥川龍之介賞(文芸春秋主催)受賞!

  

 『九年前の祈り』(講談社2014年12月刊)

 

三十五になるさなえは、幼い息子の希敏をつれてこの海辺の小さな集落に戻ってきた。希敏の父、カナダ人のフレデリックは希敏が一歳になる頃、美しい顔立ちだけを息子に残し、母子の前から姿を消してしまったのだ。何かのスイッチが入ると引きちぎられたミミズのようにのたうちまわり大騒ぎする息子を持て余しながら、さなえが懐かしく思い出したのは、九年前の「みっちゃん姉」の言葉だった──。
九年の時を経て重なり合う二人の女性の思い。痛みと優しさに満ちた〈母と子〉の物語。

笙野頼子さん『未闘病記――膠原病、「混合性結合組織病」の』(講談社2014年7月刊)、第67回野間文芸賞(講談社主催)受賞!

  

 『未闘病記――膠原病、「混合性結合組織病」の』(講談社2014年7月刊)

 

「明日はわからないけれど、今日はわが世の春」

芥川賞作家のアラ還〔教授〕と15歳猫。猫は闘病中、飼い主は10万人に数人の難病と判明して!?

新着ニュース
2015.03.02
木下古栗さん『金を払うから素手で殴らせてくれないか?』が、第5回ツイッター文学賞を受賞しました!
書籍書影
冥途あり
長野まゆみ
2015年
7月8日発売
書籍書影
映画時評2012-2014
蓮實重彦
2015年
7月8日発売
書籍書影
グッド・ラック
清水保俊
2015年
7月8日発売
書籍書影
ぼくの短歌ノート
穂村 弘
2015年
6月15日発売