表紙画像

【批評総特集 「論」の遠近法2021】山本貴光 乗代雄介 中井亜佐子 住本麻子 小澤英実 石川義正 石井ゆかり


【創作】今村夏子 リービ英雄 早助よう子


【第64回群像新人文学賞 優秀作】松永K三蔵


『シンジケート〔新装版〕』刊行記念【対談】穂村 弘×最果タヒ【エッセイ】名久井直子

【野間文芸賞・野間文芸新人賞発表】

【批評連作】安藤礼二 星野 太

【最終回】日和聡子×ヒグチユウコ

群像2021年7月号(6月7日発売)
特別定価1450円:A5版

【批評総特集 「論」の遠近法2021】山本貴光 乗代雄介 中井亜佐子 住本麻子 小澤英実 石川義正 石井ゆかり

1年ぶりの批評総特集、今年も様々な批評文が集まりました。山本貴光「認識と情緒のあいだで」は三島由紀夫賞受賞作の乗代雄介『旅する練習』論、その乗代雄介「掠れうる星たちの実験」は、サリンジャーと柳田國男についての批評。中井亜佐子「エドワード・サイード」はサイードをとりあげて批評そのものについて、住本麻子「傍観者とサバルタンの漫才」は富岡多惠子『波うつ土地』をめぐりフェミニズム理論について考察しています。小澤英実「淵に立つヒューマニズム」は本谷有希子『あなたにオススメの』(「群像」1月号掲載、6月末単行本刊行予定)を中心に本谷作品で描かれる人間性の行方を見すえます。石川義正「ヴァイオリニストと猫、あるいは人工妊娠中絶と寓話について」は生命倫理学における議論の陥穽を突き、石井ゆかり「「風の時代」の星占い的思考。」では「風の時代」とは何なのかを論じています。「いま」に対峙している批評の最前線を感じて下さい。

・巻頭一挙掲載
「あなたにオススメの」 本谷有希子
「推子のデフォルト」……〈等質〉になれない子を抱えたママ友の悩みは、推子にとって最高のコンテンツだった。
「マイイベント」……巨大台風が近づきつつある川沿いのマンションで、渇幸はわくわくを抑えきれない。
・読み切り
「こんにちは赤ちゃん」 小林エリカ
・・・続きはこちら

【創作】今村夏子 リービ英雄 早助よう子

サクランボの家に夫と犬と暮らす友加里は、近所の小学生タムのことが気になって仕方ない。(今村夏子「良夫婦」)

「自分の家」はどこにあるのだろう。西の果てで、もう一つの大陸の記憶が谺する。(リービ英雄「A child is born」)

都市に住まうゲリラは革命のために学習を続ける。幻想と哄笑の小説。(早助よう子「夢の設計者たち」)

・短期集中連作
「ケアの倫理とエンパワメント オスカー・ワイルドの越境するケア――三島由紀夫、多和田葉子の全人類的視点」 小川公代
・連載完結
「ショットとは何か」 蓮實重彦
・読み切り
「人間―でないもの」 樫村晴香
・・・続きはこちら

【第64回群像新人文学賞 優秀作】松永K三蔵

第64回群像新人文学賞は当選作が石沢麻依「貝に続く場所にて」島口大樹「鳥がぼくらは祈り、」、優秀作が松永K三蔵「カメオ」に決まりました。当選作2作、受賞の言葉、選評は先月号に掲載しています。優秀作のみ誌面の都合上、今月の掲載となりましたが、ぜひ合わせてお読み下さい。

本社からの命令で何としても期日までに倉庫を建てなければならないのに、犬を連れた隣地の男"カメオ"が立ちはだかる。不条理な可笑しみに彩られたデビュー作。

2020年のジョン・レノン
「1962年のハンバーガー」 片岡義男
「星の歌」 高橋久美子
「アミラル」 向井康介
・・・続きはこちら

『シンジケート〔新装版〕』刊行記念【対談】穂村 弘×最果タヒ【エッセイ】名久井直子

【野間文芸賞・野間文芸新人賞発表】

31年前の穂村弘さんのデビュー歌集『シンジケート』の[新装版]刊行を記念して、穂村さんに最果タヒさんと対談をしていただきました。凝りに凝った素敵な装丁(絵はヒグチユウコさん)になった過程は、名久井直子さんのエッセイにて。

・・・続きはこちら

【批評連作】安藤礼二 星野 太

【最終回】日和聡子×ヒグチユウコ

総特集とくくった読み切りだけでなく、安藤礼二さん「空海」星野太さん「食客論」の連作や、連載にもちろん、いたるところに「批評」は散りばめられています。日和聡子さんヒグチユウコさんによる豪華コラボ連載「硝子万華鏡」が最終回をむかえました。単行本化は来年の予定です、お楽しみに。

【論点】
「その警官、友人につき」 阿部大樹
「私たちは行列する——2020年アメリカ大統領選挙を見つめて」 シェリーめぐみ
「本当なのは一瞬だった」 ジョン・フリーマン 小澤身和子訳
「日本の「自粛警察」とファシズム——ドイツとの比較から考える」 田野大輔
「コミュニケーション的暴力としての、意味の占有」 三木那由他
・・・続きはこちら

乗代雄介さんの『旅する練習』が第34回三島由紀夫賞を受賞しました!

『旅する練習』(講談社2021年1月刊)

中学入学を前にしたサッカー少女と、小説家の叔父。
2020年、コロナ禍で予定がなくなった春休み、
ふたりは利根川沿いに、徒歩で千葉の我孫子から鹿島アントラーズの本拠地を目指す旅に出る。
ロード・ノベルの傑作!

松浦寿輝さんの『人外』が第72回野間文芸賞を受賞しました!

『人外』(講談社2019年3月刊)

神か、けだものか。アラカシの枝の股から滲みだし、四足獣のかたちをとった「それ」は、予知と記憶のあいだで引き裂かれながら、荒廃した世界の風景を横切ってゆく。死体を満載した列車、空虚な哄笑があふれるカジノ、書き割りのような街、ひとけのない病院、廃墟化した遊園地。ゆくてに待ち受けるのは、いったい何か?世界のへりをめぐるよるべない魂の旅を描く傑作小説。

上田岳弘さんのニムロッド(「群像」2018年12月号掲載)が、第160回芥川賞を受賞!

ニムロッド (講談社2019年1月刊)

それでも君はまだ、人間でい続けることができるのか。 

あらゆるものが情報化する不穏な社会をどう生きるか。 

新時代の仮想通貨小説。

新着ニュース

No documents found.

書籍書影
レンマ学
中沢新一
2019年
8月8日発売
書籍書影
窓の外を見てください
片岡義男
2019年
7月24日発売
書籍書影
掃除婦のための手引き書
ルシア・ベルリン 岸本佐知子・訳
2019年
7月10日発売
書籍書影
川っぺりムコリッタ
荻上直子
2019年
6月27日発売