表紙画像

新連載 多和田葉子「星に仄めかされて」


『献灯使』全米図書翻訳文学部門受賞記念


特集 文学にできることを Ⅰ〈短篇創作〉

瀬戸内寂聴、笙野頼子、日和聡子、高橋弘希、小山田浩子

特集 文学にできることを Ⅰ〈短篇創作〉
瀬戸内寂聴、笙野頼子、日和聡子、高橋弘希、小山田浩子

野間文芸賞・野間文芸新人賞 受賞記念企画

橋本治 金子 薫×高橋源一郎 乗代雄介×保坂和志

野間文芸賞・野間文芸新人賞 受賞記念企画
随筆・橋本治 対談・金子 薫×高橋源一郎、乗代雄介×保坂和志

中沢新一「レンマ学」第一部完結

群像2019年1月号(12月7日発売)
定価(税込):980円:A5版

新連載 多和田葉子「星に仄めかされて」

半地下で患者たちの皿を洗うムンンは、喋れないはずのSusanooという男の言葉を聞く。言語をめぐる旅が再び始まる。『地球にちりばめられて』第二章! 多和田葉子の新連載「星に仄めかされて」

・・・続きはこちら

『献灯使』全米図書翻訳文学部門受賞記念

アメリカで最も権威のある文学賞「全米図書賞」の翻訳文学部門に多和田葉子氏の「献灯使」(翻訳:マーガレット満谷/初出:「群像」2014年8月号)が選ばれた。受賞記念を記念して、阿部公彦「檻の中のライオン」、都甲幸治「死より詩を――多和田葉子の文章」、小澤英実「パフォームする言葉たち」を掲載!

アメリカで最も権威のある文学賞「全米図書賞」の翻訳文学部門に多和田葉子氏の「献灯使」(翻訳:マーガレット満谷/初出:「群像」2014年8月号)が選ばれた。受賞記念を記念して、阿部公彦「檻の中のライオン」、都甲幸治「死より詩を――多和田葉子の文章」、小澤英実「パフォームする言葉たち」を掲載!
・・・続きはこちら

特集 文学にできることを Ⅰ〈短篇創作〉

瀬戸内寂聴、笙野頼子、日和聡子、高橋弘希、小山田浩子

特集 文学にできることを Ⅰ〈短篇創作〉
瀬戸内寂聴、笙野頼子、日和聡子、高橋弘希、小山田浩子

私たちは何処から来て何処へ行くのか。何事を感じ何事を思うのか。如何に読み如何に書くのか。今、できることは何か。新シリーズ「文学にできることを」第一弾、短篇創作特集。瀬戸内寂聴「命日」、笙野頼子「返信を、待っていた」、日和聡子「鏡」、高橋弘希「21ピース 日曜日の人々(サンデー・ピープル)〈付録と補遺〉」、小山田浩子「夜神楽の子供」

私たちは何処から来て何処へ行くのか。何事を感じ何事を思うのか。如何に読み如何に書くのか。今、できることは何か。新シリーズ「文学にできることを」第一弾、短篇創作特集。瀬戸内寂聴「遺言」、笙野頼子「返信を、待っていた」、日和聡子「鏡」、高橋弘希「21ピース 日曜日の人々(サンデー・ピープル)〈付録と補遺〉」、小山田浩子「夜神楽の子供」
・・・続きはこちら

野間文芸賞・野間文芸新人賞 受賞記念企画

橋本治 金子 薫×高橋源一郎 乗代雄介×保坂和志

野間文芸賞・野間文芸新人賞 受賞記念企画
随筆・橋本治 対談・金子 薫×高橋源一郎、乗代雄介×保坂和志

第71回野間文芸賞を受賞した橋本治による随筆「『草薙の剣』――六人の主人公と七番目の男」。第40回野間文芸新人賞を受賞した金子薫乗代雄介。金子の小説の秘密を高橋源一郎が解き明かしていく対談「小説世界を作り出す架空の言葉たち」。一方、乗代は、対談「書かない者のまなざしを忘れて書くことはできない」保坂和志と語り合う。

第71回野間文芸賞を受賞した橋本治による随筆「『草薙の剣』――六人の主人公と七番目の男」。第40回野間文芸新人賞を受賞した金子薫と乗代雄介。金子の小説の秘密を高橋源一郎が解き明かしていく対談「小説世界を作り出す架空の言葉たち」。一方、乗代は、対談「書かない者のまなざしを忘れて書くことはできない」で保坂和志と語り合う。
・・・続きはこちら

中沢新一「レンマ学」第一部完結

「大乗仏教に望みあり」と記した南方熊楠の試みを引き継ぎ、レンマ的知性を規定に据えた「学」の形成を目指した中沢新一の「レンマ学」の第一部が完結!

・・・続きはこちら

大きな話題を呼んだ群像創刊70周年記念号「群像短篇名作選」が文芸文庫になりました。

1946年10月号を創刊号とし、2016年10月号で創刊70年を迎えた文芸誌「群像」。
創刊70周年記念に永久保存版と銘打って発売された号には戦後を代表する短篇として54作品が収録され大きな話題を呼び、即完売となりました。このたびそれを文庫三分冊とし、さらに多くの読者にお届けいたします。

第1弾「1946〜1969」は敗戦直後から60年安保、高度成長期にいたる時期の18篇を収録。

第2弾「1970〜1999」は経済の繁栄、社会構造の激変と「戦後文学」の変容を示す18篇を収収録。

第3弾「2000〜2014」は「平成」改元から10年、そして21世紀に入ってからの日本文学の諸相を示す18篇を収録。

 

保苅瑞穂さんの『モンテーニュの書斎 「エセー」を読む』が第69回読売文学賞(随筆・紀行賞)を受賞しました!

『モンテーニュの書斎 「エセー」を読む(講談社2017年6月刊)

「私とは何か」から「人間とは何か」へ

モンテーニュの名著『エセー』の本質と魅力を、

みずみずしい名文で綴る、最良の手引き書

海猫沢めろんさんの『キッズファイヤー・ドットコム』が第59回熊日文学賞を受賞しました!

『キッズファイヤー・ドットコム』(講談社2017年7月刊)

カリスマホストがITで炎上子育て

日本に革命を起こす新時代のイクメン小説!

新着ニュース
2018.09.24【NEW】
HMV『ガール・イン・ザ・ダーク 少女のためのゴシック文学館』刊行記念イベント
2018.09.23【NEW】
B&B『今夜はひとりぼっちかい? 日本文学盛衰史 戦後文学篇』刊行記念イベント
2018.09.16【NEW】
紀伊國屋『今夜はひとりぼっちかい? 日本文学盛衰史 戦後文学篇』刊行記念イベント
2018.09.15【NEW】
B&B『静かに、ねぇ、静かに』刊行記念イベント
2018.07.09
群像新人文学賞「美しい顔」作者・北条裕子氏のコメントを公開いたしました。こちらをご覧ください。
2018.07.06
群像新人文学賞「美しい顔」に関する「経緯のご説明」を公開いたしました。こちらをご覧ください。
2018.07.04
群像新人文学賞「美しい顔」(「群像」6月号掲載)全文、および「群像」8月号(7月6日発売)巻末告知を公開しました。こちらをご覧ください。
2018.07.03
群像新人文学賞「美しい顔」関連報道について及び当該作品全文無料公開のお知らせ
書籍書影
静かに、ねぇ、静かに
本谷有希子
2018年
8月23日発売
書籍書影
サーラレーオ
新庄耕
2018年
8月23日発売
書籍書影
今夜はひとりぼっちかい? 日本文学盛衰史 戦後文学篇
高橋源一郎
2018年
8月23日発売
書籍書影
ガール・イン・ザ・ダーク 少女のためのゴシック文学館
高原英理編著
2018年
7月27日発売