表紙画像

短篇

町田 康「とりあえずこのままいこう」


対談

磯﨑憲一郎×中島岳志「「与格」がもたらした小説」


対談

滝口悠生×堀江敏幸「「語り手」の声に耳をすまして」


第61回 群像新人評論賞決定!

当選作「なぜシャーロック・ホームズは「永遠」なのか──コンテンツツーリズム論序説」石橋正孝


評論  宮澤隆義「必然性の転移──三島由紀夫と武田泰淳」

群像2017年12月号(11月7日発売)
定価(税込):980円:A5版

短篇

町田 康「とりあえずこのままいこう」

死んでもなぜか意識が残っていて、私は家の人が嘆き悲しむ様子を、そのかたえに居て眺めていた――。犬だった私は猫に生まれ変わって元の家に戻る。忠実だった私は次第に気ままに振る舞いだし、家の人と新たな関係を結ぶのだが──。町田康の短編「とりあえずこのままいこう」

・・・続きはこちら

対談

磯﨑憲一郎×中島岳志「「与格」がもたらした小説」

小説の「私」は、「言葉」は、どこからやってくるのか。小説はいかにして「作者」をも超えていくのか。小説『鳥獣戯画』をめぐり、書き手すら意図しなかった核心が対話によって明らかにされる。磯﨑憲一郎×中島岳志の対談「「与格」がもたらした小説」

・・・続きはこちら

対談

滝口悠生×堀江敏幸「「語り手」の声に耳をすまして」

「書き手」でありながら「語り手」の声を聞く。そこにないものについて語るり、ないからこそ語りたくなる──。「魂の締め切り」に向けて書き続けられた新刊『高架線』が生まれたとき、滝口悠生がつかんだ創作の手がかり。二人の作家が対話を通して迫る小説が生まれる瞬間。滝口悠生×堀江敏幸対談「「語り手」の声に耳をすまして」

・・・続きはこちら

第61回 群像新人評論賞決定!

当選作「なぜシャーロック・ホームズは「永遠」なのか──コンテンツツーリズム論序説」石橋正孝

第61回群像新人評論賞が、選考委員・大澤真幸、熊野純彦、鷲田清一によって決定しました。新しい評論賞が創設されてから、初めて当選作を選出! 受賞作は石橋正孝「なぜシャーロック・ホームズは「永遠」なのか──コンテンツスーリズム論序説」。シャーロッキアンにおける「ラインバッハの森」に代表される「聖地巡礼」の旅は何を意味するのか? 新しい才能の誕生をぜひご確認ください。

・・・続きはこちら

評論  宮澤隆義「必然性の転移──三島由紀夫と武田泰淳」

いま批判的に問うべきなのは「歴史の必然性」ではなく「歴史の偶然性」にある――。「ビッグ・ヒストリー」ものの流行は何を意味するのか。二人の作家が書いた長編小説から「現実」を問う。第60回群像新人評論賞(優秀作)受賞第一作。宮澤隆義の評論「必然性の転移──三島由紀夫と武田泰淳」

・・・続きはこちら

高橋弘希んの『日曜日の人々(サンデー・ピープル)』が第39回野間文芸新人賞を受賞しました!

『日曜日の人々(サンデー・ピープル)』(講談社2017年8月刊)

他者(ひと)に何かを伝えることが救いになるんじゃないかな。

死に惹かれる心に静かに寄り添う、傑作青春小説!

崔 実さんの『ジニのパズル』が第67回芸術選奨新人賞を受賞しました!

織田作之助賞に続いて2冠達成!

『ジニのパズル』(講談社2016年7月刊)

二つの言語の間で必死に生き抜いた少女の革命

21世紀を代表する青春文学の誕生!

川上弘美さんの『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)が、第7回Twitter文学賞(国内)第2位を受賞しました! 第44回泉鏡花文学賞に続いての受賞です。

『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)

絶望的ながら、どこかなつかしく牧歌的な未来世界。

かすかな光を希求する人間の行く末を暗示した川上弘美の「新しい神話」。

新着ニュース
2017.11.13【NEW】
第70回野間文芸賞は髙村薫さん『土の記』(新潮社)に、第39回野間文芸新人賞は今村夏子さんの『星の子』(朝日新聞出版)、高橋弘希さんの『日曜日の人々(サンデー・ピープル)』(講談社)に決定しました。
書籍書影
鳥獣戯画
磯﨑憲一郎
2017年
10月30日発売
書籍書影
新しい小説のために
佐々木 敦
2017年
10月26日発売
書籍書影
高架線
滝口悠生
2017年
9月27日発売
書籍書影
通りすがりのあなた
はあちゅう
2017年
9月26日発売