表紙画像

新連載 時空を超えた旅へ――

髙樹のぶ子「オライオン飛行」


俊才の野心ほとばしる中篇

青木淳悟「匿名芸術家」


翻訳短篇 岸本佐知子訳

マリー=ヘレン・ベルティーノ「ノース・オブ」


対談 瀬戸内寂聴×平野啓一郎、原 武史×安藤礼二、柴崎友香×片岡義男×佐々木 敦


連作 古井由吉(最終回)、川上弘美、島本理生

群像(2月6日発売)
定価(税別):907円:A5版

新連載 時空を超えた旅へ――

髙樹のぶ子「オライオン飛行」

化粧っ気のなさと小柄な体格から、とても26歳には見えないあやめは、戦前、看護婦長をつとめていたという大伯母に憧れを抱いている。ある日、いまや誰も住まない実家から、若き日の大伯母の思い出の品と見られる懐中時計を持ち出した彼女は……。髙樹のぶ子「オライオン飛行」、時空を超えた旅の物語が始まります。

・・・続きはこちら

俊才の野心ほとばしる中篇

青木淳悟「匿名芸術家」

小説と絵画、それぞれの夢を追いかける女と男。その創作への思いは、19世紀・印象派の画家たちと重なって――。私たちが学ぶように、彼らもまた大いに学んだ。「匿名芸術家」、鬼才・青木淳悟が創作の夢と欲を描きます。

・・・続きはこちら

翻訳短篇 岸本佐知子訳

マリー=ヘレン・ベルティーノ「ノース・オブ」

その年の感謝祭、わたしは実家にボブ・ディランを連れて帰る――。軍隊に入ろうとする兄と、ニューヨークに出た妹。きょうだいの関係はいつだって複雑だ。フィラデルフィア出身の新進作家マリー=ヘレン・ベルティーノ「ノース・オブ」を、岸本佐知子訳でお楽しみください。

・・・続きはこちら

対談 瀬戸内寂聴×平野啓一郎、原 武史×安藤礼二、柴崎友香×片岡義男×佐々木 敦

生きるとは、死ぬとは。日本中に感動を巻き起こしている瀬戸内寂聴『死に支度』。家族について、作家について、そして死生観について、平野啓一郎とじっくり語り合いました。対談・瀬戸内寂聴×平野啓一郎「『死に支度』を終えて」

話せば話すほど明らかになる、『皇后考』『折口信夫』の共通点とは!?  原武史安藤礼二が、宗教、時代、様々な観点からお互いの著作を読み解きます。

 片岡義男の手にかかれば、小説という摩訶不思議なしろものの謎まで解けてしまう!?  ヘンテコな謎に満ち溢れた快作『パノララ』を刊行したばかりの柴崎友香が、佐々木敦司会のもと、片岡義男と自作を語る鼎談、「『パノララ』、そして小説の謎」。必読です!

・・・続きはこちら

連作 古井由吉(最終回)、川上弘美、島本理生

昏さを増す外を眺めながら、男は列車の中で来し方を思う。すっかり昼が短くなったーー。「冬至まで」古井由吉の連作がついに完結です。

15の8。それが、あたしの名前です――。閉ざされた村で暮らす少女には、かつて人間があふれるほど存在していたことがピンとこない。同じように、人を憎むという感情もなんだかよくわからなくて……。川上弘美の連作、第7回は「みずうみ」です。

女は弱い。神様にどんなに祈っても――。めぐまれた容姿と若さをいかし、愛人業で生活する結衣。彼女をある行動へと駆り立てた言葉、それは……。島本理生の連作第2回、「サテライトの女たち」

・・・続きはこちら

星野智幸さん『夜は終わらない』(講談社2014年5月刊)、第66回読売文学賞(読売新聞社主催)受賞!

  

 『夜は終わらない』(講談社2014年5月刊)

 

婚約者が自殺したとの一報に取り乱すふりをする玲緒奈。彼女には次に殺さなくてはならない「別の婚約者」がいた――。セックスや結婚を餌に次々男を惑わし、財産を巻き上げ、証拠を残さず葬り去る。彼女は男をあの世に送る前に言う。
「生きてる意味があることを証明しないと。ね? 私が夢中になれるようなお話をしてよ」
物語のなかにさまざまな短篇が入りくみ、海へと流れる大河として眺望できる大傑作。

小野正嗣さん「九年前の祈り」(「群像」2014年9月号)、第152回芥川龍之介賞(文芸春秋主催)受賞!

  

 『九年前の祈り』(講談社2014年12月刊)

 

三十五になるさなえは、幼い息子の希敏をつれてこの海辺の小さな集落に戻ってきた。希敏の父、カナダ人のフレデリックは希敏が一歳になる頃、美しい顔立ちだけを息子に残し、母子の前から姿を消してしまったのだ。何かのスイッチが入ると引きちぎられたミミズのようにのたうちまわり大騒ぎする息子を持て余しながら、さなえが懐かしく思い出したのは、九年前の「みっちゃん姉」の言葉だった──。
九年の時を経て重なり合う二人の女性の思い。痛みと優しさに満ちた〈母と子〉の物語。

笙野頼子さん『未闘病記――膠原病、「混合性結合組織病」の』(講談社2014年7月刊)、第67回野間文芸賞(講談社主催)受賞!

  

 『未闘病記――膠原病、「混合性結合組織病」の』(講談社2014年7月刊)

 

「明日はわからないけれど、今日はわが世の春」

芥川賞作家のアラ還〔教授〕と15歳猫。猫は闘病中、飼い主は10万人に数人の難病と判明して!?

新着ニュース
2015.03.02【NEW】
木下古栗さん『金を払うから素手で殴らせてくれないか?』が、第5回ツイッター文学賞を受賞しました!
2015.02.17
清涼院流水さん『TOEIC®テスト300点から990点へ、「7つの壁」を突破するブレイクスルー英語勉強法』刊行を記念し、3月13日(金)19時から八重洲ブックセンターにてセミナーとサイン会が行われます。
2015.02.16
『皇后考』刊行記念! 原 武史さん×高橋源一郎さんトークイベントが3月6日(金)19時から東京堂書店神田神保町店にて行われます。
2015.02.16
『折口信夫』刊行記念! 安藤礼二さん×保坂和志さんトークショーが3月5日(木)19時から紀伊國屋書店新宿本店さんにて行われます。
書籍書影
時穴みみか
藤野千夜
2015年
2月26日発売
書籍書影
幸福に死ぬための哲学——池田晶子の言葉
池田晶子著・NPO法人わたくし、つまりNobody編
2015年
2月23日発売
書籍書影
皇后考
原 武史
2015年
2月4日発売
書籍書影
TOEIC(R)テスト300点から990点へ、「7つの壁」を突破するブレイクスルー英語勉強法
清涼院流水
2015年
1月22日発売