表紙画像

【創作】井戸川射子 尾久守侑


「論」の遠近法2022


【対談】千葉雅也×三浦哲哉


【最終回】多和田葉子


【追悼】菊地信義 中山俊宏

群像2022年7月号(6月7日発売)
特別定価1500円:A5版

【創作】井戸川射子 尾久守侑

幼い娘たちと過ごすために通ったショッピングセンター。そこの喪服売り場で働くあなたは、フードコートにずっと座っている少女が気になっている。(井戸川射子「この世の喜びよ」)

空想という世界線にワープして、わたしはいまを生き延びる。本当のわたしはどこにいるのだろう。(尾久守侑「天気予報士エミリ」)

・・・続きはこちら

「論」の遠近法2022

今年の「批評総特集」も様々な批評文が集まりました。宇野常寛の新連載「庭の話」。新著『力と交換様式』を書き終えた、柄谷行人によるエッセイ「社会科学から社会化学へ」ほか、入江哲朗「爽やかな人間中心主義 批評とポストヒューマニズム的思潮」、片岡大右「アジアの複数性をめぐる問い 加藤周一、ホー・ツーニェン、ユク・ホイの仕事をめぐって」、倉本さおり「「かれ」と「私」の彼岸 町屋良平『ほんのこども』論」、住本麻子「「とり乱し」の先、「出会い」がつくる条件 田中美津『いのちの女たちへ』論」、新田啓子「命のやすさ 依存者の詩学と不確かな生」、廣瀬純「Name Is Johnny…,Guitar. 蓮實重彦『ショットとは何か』論」、ベンジャミン・クリッツァー「 「感情」と「理性」:けっきょくどちらが大切なのか? 」、水上文「我ら拷問者 松浦理英子論・試論」など力作批評、瀬戸夏子のエッセイ「我々は既にエミリー・ディキンソンではない」、そして『国家と批評』第Ⅰ部が完結した大澤聡のインタビュー(聞き手:宮田文久)「国家と批評と生活と」を掲載。

・・・続きはこちら

【対談】千葉雅也×三浦哲哉

『現代思想入門』刊行記念対談。沙漠の時代に「現代思想」をいかに受け継ぐのか。(千葉雅也×三浦哲哉「人生のリゾーム的展開をめぐって」)

・・・続きはこちら

【最終回】多和田葉子

Hirukoが生まれ育った島国は、消えてしまったのか。バルト海の船旅の末に六人がたどり着いた答えとは――多和田葉子さんの連載小説「太陽諸島」がついに最終回。

・・・続きはこちら

【追悼】菊地信義 中山俊宏

菊地信義さん、中山俊宏さんが逝去されました。水戸部功さん、池内恵さんに追悼文をいただいております。謹んでお悔やみを申し上げます。

・・・続きはこちら

上田岳弘さんの「旅のない」(「群像」2021年5月号掲載)が第46回川端康成文学賞を受賞しました!

「旅のない」(「群像」2021年5月号掲載)

「作家さんなんですよね?」。出張先での車中、会話が途切れると取引先の村上さんが聞いてきた……。

乗代雄介さんの『旅する練習』が第37回坪田譲治文学賞を受賞しました!

『旅する練習』(講談社2021年1月刊)

中学入学を前にしたサッカー少女と、小説家の叔父。
2020年、コロナ禍で予定がなくなった春休み、
ふたりは利根川沿いに、徒歩で千葉の我孫子から鹿島アントラーズの本拠地を目指す旅に出る。
ロード・ノベルの傑作!

砂川文次さんの「ブラックボックス」(「群像」2021年8月号掲載)が、第166回芥川賞を受賞しました!

『ブラックボックス』 (講談社2022年1月刊)

ずっと遠くに行きたかった。今も行きたいと思っている。

自分の中の怒りの暴発を、なぜ止められないのだろう。自衛隊を辞め、いまは自転車メッセンジャーの仕事に就いているサクマは、都内を今日もひた走る。

気鋭の実力派作家、新境地の傑作。

新着ニュース
2022.02.01
作家書店「変貌する文芸誌」! 五大文芸誌の編集者による選書フェアが2月19日(月)~9月4日(日)ジュンク堂書店池袋本店で開催されます。
書籍書影
レンマ学
中沢新一
2019年
8月8日発売
書籍書影
窓の外を見てください
片岡義男
2019年
7月24日発売
書籍書影
掃除婦のための手引き書
ルシア・ベルリン 岸本佐知子・訳
2019年
7月10日発売
書籍書影
川っぺりムコリッタ
荻上直子
2019年
6月27日発売