表紙画像

長篇一挙掲載350枚

滝口悠生「高架線」


新発見 自決九ヵ月前の未公開インタビュー

三島由紀夫 素顔の告白


特別掲載 最後の自伝的長篇評論

三島由紀夫「太陽と鉄」


保苅瑞穂、黒井千次、多和田葉子、若松英輔


群像2017年3月号(2月7日発売)
定価(税込):980円:A5版

長篇一挙掲載350枚

滝口悠生「高架線」

西武池袋線・東長崎。うらぶれたぼろアパート「かたばみ荘」に関わった人々が語る奇妙な出会いと別れの物語。芥川賞作家が満を持して発表する初の長篇350枚。「高架線」滝口悠生

・・・続きはこちら

新発見 自決九ヵ月前の未公開インタビュー

三島由紀夫 素顔の告白

TBS社内から発見された三島由紀夫の未発表肉声テープ。翻訳者の故ジョン・ベスター氏による取材を受けるかたちで、歌舞伎と演劇、三島文学の欠点、ピエロである人間と自分自身、日本の偽善と平和憲法など、多岐にわたるテーマについて語った80分。まさに死の九ヵ月前の三島の内面を赤裸々に伝えるインタビューを抜粋掲載。また、このインタビューの意義について解説した日本文学研究者・山中剛史氏「四十七年後の三島の声」、テープ発見の経緯を明かすTBSプロデューサー・小島英人氏「雪解のとき~「発見」のこと」をそれぞれ掲載します。

・・・続きはこちら

特別掲載 最後の自伝的長篇評論

三島由紀夫「太陽と鉄」

未公開インタビューで三島がたびたび言及した「太陽と鉄」。冷徹な自己批評から自らの死を見つめる自伝的長篇評論の全文掲載。

・・・続きはこちら

保苅瑞穂、黒井千次、多和田葉子、若松英輔

保苅瑞穂「モンテーニュの書斎」はいよいよ最終回。「経験について」の章から、著者が読者のためにとっておいた二つの言葉を取り上げた、『エセー』をめぐる長い旅のクライマックス!

連作第10回黒井千次「黒い鳥影」。ゆるやかな傾斜の坂に彼は佇む。古い名刺を手に、偶然出会ったあの女性を探して……。

多和田葉子「地球にちりばめられて」は連載第4回。「ウマミ・フェスティバル」の主催者である私が、テンゾと出会った顛末とは?

新連載評論第2回若松英輔「たましいを旅するひと──河合隼雄」。人間に関する根本問題を、自己の固有な問いとして主体的に引き受けた河合の言葉・語る態度に注目。

・・・続きはこちら

・・・続きはこちら

崔 実さんの『ジニのパズル』が第33回織田作之助賞を受賞しました!

『ジニのパズル』(講談社2016年7月刊)

二つの言語の間で必死に生き抜いた少女の革命

21世紀を代表する青春文学の誕生!

島田雅彦さんの『虚人の星』(講談社2015年9月刊)が、第70回毎日出版文化賞(毎日新聞社主催)を受賞しました!

『虚人の星』(講談社2015年9月刊)

お飾り総理は日本の危機に気づけるか?

いま読むべき一冊!

川上弘美さんの『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)が、第44回泉鏡花文学賞(金沢市主催)を受賞しました!

『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)

絶望的ながら、どこかなつかしく牧歌的な未来世界。

かすかな光を希求する人間の行く末を暗示した川上弘美の「新しい神話」。

新着ニュース
2016.11.08【NEW】
第69回野間文芸賞は堀江敏幸さん『その姿の消し方』(新潮社)に、第38回野間文芸新人賞は戌井昭人さんの『のろい男』(文藝春秋)に決定しました。
書籍書影
天空の詩人 李白
陳舜臣
2017年
1月19日発売
書籍書影
カント 美と倫理とのはざまで
熊野純彦
2017年
1月19日発売
書籍書影
21世紀の暫定名著
群像編集部・編
2016年
11月15日発売
書籍書影
コンテクスト・オブ・ザ・デッド
羽田圭介
2016年
11月14日発売