表紙画像

新連載

松浦寿輝「人外(にんがい)」


特別対談

東 浩紀×加藤典洋「私と公、文学と政治について」


中篇120枚

松波太郎「故郷」


短篇90枚

石田 千「母とユニクロ」


短篇80枚

李 琴峰「流光」

群像2017年11月号(10月7日発売)
定価(税込):980円:A5版

新連載

松浦寿輝「人外(にんがい)」

アラカシの巨木から、地面にぽとりと落ちた「わたしたち」。過去を想起し未来を予見しながらこの世界を横切っていく。そうするほかはないと心にきめてしまう。わたしたちはひとでなしであり人外なのだった──。松浦寿輝の新連載「人外」

・・・続きはこちら

特別対談

東 浩紀×加藤典洋「私と公、文学と政治について」

私から公は生まれるのか、文学から政治は語れるのか。中間項のフィールドとしての社会=世間がなくなった今、我々は何を指標に生きるべきか。『現代日本の批評 1975-2001』刊行を前に行われた哲学的示唆に富んだ大型対談。東 浩紀×加藤典洋の特別対談「私と公、文学と政治について」

・・・続きはこちら

中篇120枚

松波太郎「故郷」

音が言葉になり、言葉が意味になる世界で、クィには言えない語があった――。言葉のない世界に生きてたらどんなによかったか。それでも、書くことでは自由になれるかもしれない。言葉と生と書くことの意味を問う、松波太郎の中篇120枚「故郷」

・・・続きはこちら

短篇90枚

石田 千「母とユニクロ」

これって、なじょだと思う──。故郷に帰った娘は父母と暮らしはじめる。仕立屋人生五十余年の老いた母は、女優がつけるブラジャーのチラシに興味を持ち、娘とともにバスを乗り継ぎ、ユニクロへ。亡くなった人たちとの忘れられない思い出が胸を打つ。石田千の短編90枚「母とユニクロ」

・・・続きはこちら

短篇80枚

李 琴峰「流光」

縛ることと縛られることによって、私たちは―心同体になってゆく。光が流れるように、すべては移り行くとしても、闇夜の花たちは、何かを求め彷徨する。生=性を描いたデビュー作「独舞」で第60回群像新人文学賞(優秀作)を受賞した新人の待望の受賞第一作、李 琴峰の中篇80枚「流光」

・・・続きはこちら

崔 実さんの『ジニのパズル』が第67回芸術選奨新人賞を受賞しました!

織田作之助賞に続いて2冠達成!

『ジニのパズル』(講談社2016年7月刊)

二つの言語の間で必死に生き抜いた少女の革命

21世紀を代表する青春文学の誕生!

川上弘美さんの『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)が、第7回Twitter文学賞(国内)第2位を受賞しました! 第44回泉鏡花文学賞に続いての受賞です。

『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社2016年4月刊)

絶望的ながら、どこかなつかしく牧歌的な未来世界。

かすかな光を希求する人間の行く末を暗示した川上弘美の「新しい神話」。

崔 実さんの『ジニのパズル』が第33回織田作之助賞を受賞しました!

『ジニのパズル』(講談社2016年7月刊)

二つの言語の間で必死に生き抜いた少女の革命

21世紀を代表する青春文学の誕生!

新着ニュース
2016.11.08【NEW】
第69回野間文芸賞は堀江敏幸さん『その姿の消し方』(新潮社)に、第38回野間文芸新人賞は戌井昭人さんの『のろい男』(文藝春秋)に決定しました。
書籍書影
高架線
滝口悠生
2017年
9月27日発売
書籍書影
通りすがりのあなた
はあちゅう
2017年
9月26日発売
書籍書影
日曜日の人々(サンデー・ピープル)
高橋弘希
2017年
8月24日発売
書籍書影
告白
三島由紀夫
2017年
8月8日発売