表紙画像

創作一挙掲載

本谷有希子「静かに、ねぇ、静かに」


特別対談

石原慎太郎×西村賢太「文壇と豊饒な時代の記憶」


特別対談

四方田犬彦×木村紅美「ボブカットの寄る辺なき女性たち」


新連載

ブレイディみかこ「ブロークン・ブリテンに聞け」


評論

高原 到「「日本近代文学」の敗戦──「夏の花」と『黒い雨』のはざまで」

群像群像2018年3月号(2月7日発売)
定価(税込):980円:A5版

創作一挙掲載

本谷有希子「静かに、ねぇ、静かに」

インスタで自己表現する僕ら、ネットショッピング依存症の妻、二人だけが知る印を動画に撮ろうとする夫婦。現代社会を鮮やかに切り取る、三つのSNS狂想曲。芥川賞受賞後初めての発表となる、本谷有希子が果敢に取り組んだ三つの創作「本当の旅」「奥さん、犬は大丈夫だよね?」「でぶのハッピーバースデー」を一挙掲載

・・・続きはこちら

特別対談

石原慎太郎×西村賢太「文壇と豊饒な時代の記憶」

『太陽の季節』で芥川賞を当時史上最年少で受賞し、「時代の寵児」となった作家・石原慎太郎。作家生活60年以上にして本誌初登場。その文学の愛読者である私小説作家・西村賢太との対談で、何を語るのか。石原慎太郎×西村賢太の対談「文壇と豊饒な時代の記憶」

・・・続きはこちら

特別対談

四方田犬彦×木村紅美「ボブカットの寄る辺なき女性たち」

さまよう魂の行方──。デビュー作から新刊『雪子さんの足音』までの軌跡をたどりながら、木村紅美の小説に登場する女性たちの原型を探る師弟対談。四方田犬彦×木村紅美「ボブカットの寄る辺なき女性たち」

・・・続きはこちら

新連載

ブレイディみかこ「ブロークン・ブリテンに聞け」

階級が分断され、貧困が蔓延る「壊れた英国」で人々はどう生き、いかにして希望をつかむのか――「一億総中流社会」が崩壊した「壊れた日本」の未来/現実を探る、ブレイディみかこの新連載「ブロークン・ブリテンに聞け Listen to Broken Britain」

・・・続きはこちら

評論

高原 到「「日本近代文学」の敗戦──「夏の花」と『黒い雨』のはざまで」

「原爆」対「文学」の勝負は、日本近代文学の命運を握る試金石となった。原民喜と井伏鱒二は、「原爆」を表象することに成功したと言えるのか。二人の作家の試みから「文学」の現在を問う大型評論、高原到「「日本近代文学」の敗戦――「夏の花」と『黒い雨』のはざまで」

・・・続きはこちら

保苅瑞穂さんの『モンテーニュの書斎 「エセー」を読む』が第69回読売文学賞(随筆・紀行賞)を受賞しました!

『モンテーニュの書斎 「エセー」を読む(講談社2017年6月刊)

「私とは何か」から「人間とは何か」へ

モンテーニュの名著『エセー』の本質と魅力を、

みずみずしい名文で綴る、最良の手引き書

海猫沢めろんさんの『キッズファイヤー・ドットコム』が第59回熊日文学賞を受賞しました!

『キッズファイヤー・ドットコム』(講談社2017年7月刊)

カリスマホストがITで炎上子育て

日本に革命を起こす新時代のイクメン小説!

高橋弘希さんの『日曜日の人々(サンデー・ピープル)』が第39回野間文芸新人賞を受賞しました!

『日曜日の人々(サンデー・ピープル)』(講談社2017年8月刊)

他者(ひと)に何かを伝えることが救いになるんじゃないかな。

死に惹かれる心に静かに寄り添う、傑作青春小説!

新着ニュース
2018.02.05【NEW】
講談社文芸文庫創刊30周年記念! 高橋源一郎さん×奥泉光さんトークイベントが、2月21日(水)19:00から紀伊國屋書店新宿本店で行われます。
書籍書影
雪子さんの足音
木村紅美
2018年
2月1日発売
書籍書影
夜更けの川に落葉は流れて
西村賢太
2018年
1月12日発売
書籍書影
九十八歳になった私
橋本 治
2018年
1月11日発売
書籍書影
いのち
瀬戸内寂聴
2017年
12月2日発売