創作180枚 

宮下 遼「青痣」

お母さんは、伝説の煙草を見つけられたのだろうか? 遠い夏の日、幼いトウコは必死に母の物語を追いかける――。宮下遼の創作「青痣」


創作150枚

米田夕歌里「本当の先生」

信頼している人に傷つけられた「あの日」から、わたしは熱心な先生を演じるようになった――。人を知るとはどういうことなのかを問う意欲作。米田夕歌里の創作「本当の先生」

アメリカで最も権威のある文学賞「全米図書賞」の翻訳文学部門に多和田葉子氏の「献灯使」(翻訳:マーガレット満谷/初出:「群像」2014年8月号)が選ばれた。受賞記念を記念して、阿部公彦「檻の中のライオン」、都甲幸治「死より詩を――多和田葉子の文章」、小澤英実「パフォームする言葉たち」を掲載!

短篇 

小山田浩子「ねこねこ」

特集 文学にできることを Ⅰ〈短篇創作〉
瀬戸内寂聴、笙野頼子、日和聡子、高橋弘希、小山田浩子

公園の植えこみから飛び出してきた猫、夫の実家で赤黒い糞を落とす鳥。日常の中に潜む違和感を濃密な文章で描き出す。小山田浩子の短篇「ねこねこ」

私たちは何処から来て何処へ行くのか。何事を感じ何事を思うのか。如何に読み如何に書くのか。今、できることは何か。新シリーズ「文学にできることを」第一弾、短篇創作特集。瀬戸内寂聴「遺言」、笙野頼子「返信を、待っていた」、日和聡子「鏡」、高橋弘希「21ピース 日曜日の人々(サンデー・ピープル)〈付録と補遺〉」、小山田浩子「夜神楽の子供」

特別対談 

平野啓一郎×上田岳弘「変容する世界をどう描くか」

野間文芸賞・野間文芸新人賞 受賞記念企画
随筆・橋本治 対談・金子 薫×高橋源一郎、乗代雄介×保坂和志

テクノロジーの発展した現実を前提にしたとき、小説は何を描きうるのか。フィクションをめぐる刺激的対話。『ニムロッド』で芥川賞を受賞した上田岳弘と、『ある男』が話題の平野啓一郎による特別対談「変容する世界をどう描くか」

 

第71回野間文芸賞を受賞した橋本治による随筆「『草薙の剣』――六人の主人公と七番目の男」。第40回野間文芸新人賞を受賞した金子薫と乗代雄介。金子の小説の秘密を高橋源一郎が解き明かしていく対談「小説世界を作り出す架空の言葉たち」。一方、乗代は、対談「書かない者のまなざしを忘れて書くことはできない」で保坂和志と語り合う。

特別対談

大澤真幸×國分功一郎「自由・中動態・責任」

多和田葉子の新連載「星に仄めかされて」

〈自由〉はいかにして可能なのか。当代きっての社会学者と哲学者の対話によって、そのあたらしい姿が明らかになる。『〈自由〉の条件』が文庫になった大澤真幸と『中動態の世界』が話題の國分功一郎の特別対談「自由・中動態・責任」


〈創作〉

青痣  宮下 遼

〈創作〉

本当の先生  米田夕歌里

〈短篇〉

ねこねこ  小山田浩子

〈特別対談)

変容する世界をどう描くか  平野啓一郎×上田岳弘

〈特別対談〉

自由・中動態・責任  大澤真幸×國分功一郎

〈連作完結〉

ピエタとトランジ〈完全版〉〔12〕  藤野可織

〈連載〉

その日まで〔7〕  瀬戸内寂聴

湘南夫人〔8〕  石原慎太郎

星に仄めかされて〔3〕  多和田葉子

チーム・オベリベリ〔4〕  乃南アサ

鉄の胡蝶は記憶の夢は歳月を彫るか〔8〕  保坂和志

御社のチャラ男〔11〕   絲山秋子

帝国の黄昏〔9〕  花村萬月

おおきな森〔14〕   古川日出男
二月のつぎに七月が〔20〕  堀江敏幸
ブロークン・ブリテンに聞け Listen to Broken Britain〔12〕ブレイディみかこ
出雲神話論〔17〕  三浦佑之

おおきな森〔15〕   古川日出男

二月のつぎに七月が〔21〕  堀江敏幸

ブロークン・ブリテンに聞け Listen to Broken Britain〔13〕ブレイディみかこ

全体論と有限 ーひとつの「小説」論ー〔4〕 佐々木 敦

出雲神話論〔18〕  三浦佑之

人間とは何か──フランス文学による感情教育──〔20〕   中条省平

現代短歌ノート〔106〕  穂村 弘

〈随筆〉   

原音景  田中 純

ガルシア=マルケスとセルバンテス  木村榮一

トカゲのしっぽ  砂川文次

マルケス・ガブリエルと井筒俊彦  小野純一

〈書評〉

そのかりそめの心(『この道』古井由吉)  松浦寿輝

清麗なサファイア風の惑星(『カムパネルラ版 銀河鉄道の夜』長野まゆみ)  清水良典

功利主義のオルタナティヴを求めて(『ニムロッド』上田岳弘)  江南亜美子

鬼子の偏愛する交響曲・オペラ(『鬼子の歌 偏愛音楽的日本近現代史』片山杜秀)  細川周平

 ミッチェルの文体の妙技に迫る(『謎解き『風と共に去りぬ』』鴻巣友季子)  小川公代

〈創作合評〉 

松浦理英子×鴻巣友季子×苅部 直

「車軸」小佐野 彈(すばる2019年2月号)

「西の蔵の声」リービ英雄(群像2019年2月号)

「憧れの世界」青木淳悟(文學界2019年2月号)